寝酒が良いと言われる理由は?アルコールと睡眠の関係性

現代人は特にストレスを抱えている方が多いので、そのイライラや考え過ぎによる睡眠不足に陥っている方は少なくありません。

しかし、仕事をしている方は特にそうですが、寝ないと翌日の仕事にも影響しますし、体の疲れがとれないので、どうにかして眠りたいと考えます。

そんな時によく勧められる方法の1つが寝る前にちょっとお酒を飲むということです。

では、一体なぜ寝酒が良いと言われているのか、その理由についてここでは見ていきたいと思います。

アルコールと睡眠の関係とは、寝酒が眠れる理由に迫ってみた

そもそも、なぜ寝る前にお酒を飲む、いわゆる寝酒が眠れるようになるといわれているのでしょうか。

寝酒することで眠れるようになり理由をいくつかここでは挙げたいと思います。

エタノールが働いて眠くなる

あまりお酒が得意ではない方はすぐにこうなってしまうのではないでしょうか。アルコールを飲むと眠くなりますよね。

これは、アルコールの中にはエタノールが含まれており、これが体や心の緊張をほぐす働きをもたらします。

ですので、この緊張がとれてよくお酒が入ると普段はしないような大胆な言動をする方がいますよね、それはこのエタノールによるものなのです。

エタノールによって脳が麻痺したり、神経が抑えられるので身も心もリラックスするので、眠気を呼びます。

この結果、ストレスが一時的に体からなくなりますから、眠れるようになるというわけです。

血糖値が低下するため眠くなる

お腹が空いている時や食べた後にはなぜだかどっと眠気が襲っておきますよね。この原因は、血糖値が低くなることによって起こるものです。

実は、アルコールを飲むことによってこれと同じような現象を引き起こします。

肝臓というのは、飲んだお酒を分解する役割を持つだけでなく、糖を体全体に送り込むという役割にも担っています。

お酒を飲むことで、肝臓はアルコールを分解しようと働くことがメインになってしまうため、低血糖状態が続き、眠くなるというけです。

体温が低下するため眠くなる

よくドラマや映画なんかにこんなシーンがありますよね。雪山で遭難し、頑張って見つけてもらおうとしますが、眠ってしまいそうになるというものです。

睡眠時にも体温は低下するのですが、逆に体温が低くなることで、眠気がやってくることもあります。

つまり。このよくあるシーンはそれによって起こるのですが、同じように、適量のお酒を飲むことによって、血行がよくなります。

これによって、さっきまで寒いといっていた人が汗をかいたり服を脱いだりして体温調節しますよね。

ですが、その後、当然こういった動作により体が冷えてきますから眠気につながるのです。

さらに、ちょっと多めにお酒を飲むことで、肝臓が分解できるアルコール量を超えたことになります。

そのため、血液の中のアルコール濃度が上昇して血管が収縮してしまいます。

血管が縮まると血液が体全体にいきわたりにくくなるため、体温は下がり、この結果、眠気を引き起こすというわけなのです。

寝酒で寝ようとする際の注意点

寝酒をして眠れるということは上記のことからわかっていただけたかと思います。

しかし、寝酒で眠ろうと思っている方は、いくつかの点で注意していただきたいことがありますので、ここではそれをご紹介したいと思います。

アルコールの量は適量にとどめて!

寝酒が良いとされる一方で寝酒はダメだといわれることもあります。大量のお酒を飲んで寝付くというのは、もちろん眠気はやってきますが、絶対にやらないでください。

大量にアルコールを体内に一気に入れることで、一瞬は眠れるのですが、この取り入れたアルコールを分解しようと内臓器官は活発に働くわけです。

それによって逆に寝付けなくなってしまうことがあるためです。ですので、アルコールの量は適度を守るようにしましょう。

絶対寝酒を癖にしてはいけない

寝る前にアルコールを取り入れれば眠れると思って、それを習慣化するのはやめてください。想像がつくかと思いますが、これが習慣化する=アルコール依存症となります。

最初は缶ビール1杯程度ですぐに寝付けたのに、それが習慣化すると、今度は缶ビールが2本、3本と必要になってきて、飲むアルコール量も増やさないと寝付けなくなります。

しかし、逆にアルコール量が増えると、先述したように内臓器官が活発に活動してしまうので、眠りにつきたくても眠れないという状態になってしまいます。

ですので、毎日寝る前にお酒を飲んでから寝るというような習慣にすることはやめましょう。

少量でもアルコール度数の強いものは控えよう

アルコール度数が高めのお酒を飲むと、一気に体に変化が起こるという経験をお酒を飲む方はされたことがあるでしょう。

アルコール度数の高いお酒を寝る前に飲めば、一気に眠気がやってきてきっとすぐに気持ちよく眠れると思っていませんか。これも非常に危険です。

アルコール度数の高いお酒を飲めば確かにすぐに眠りにつくことができるかもしれませんが、体、特に肝機能へ負担がかかることは間違いなしです。

そして、頑張って内臓器官もそれを分解しようとするので、逆に眠りにくくなってしまいますし、これもまたアルコール依存症への道につながりますので、絶対にやめてください。

寝酒以外の睡眠しやすくなる方法をご紹介!

寝酒は間違えるとアルコール依存症になる可能性もあることがわかりました。それは治すのにも時間がかかりますし、生活にも支障が出ますよね。

そこで、寝酒以外に睡眠しやすくなる方法をいくつかピックアップしてみましたので、ご覧ください。

寝る前に頭が興奮するようなものを見ない

寝る前に脳を興奮させてはいけないといわれていますよね。

では、具体的にどういったものを避けた方がよいのかというと、例えば、私たちが無意識のうちに普段よくやってしまうこと、スマホをチェックするなどです。

SNSを見たり、ネットニュースを見たりするのも脳を興奮状態にする原因となります。

また、映画やテレビを見たり、ゲームをしたりなど、主に光を放つものというのは脳を刺激しますので、寝る2時間前までにそれらを見るのを辞めるのがおすすめです。

眠る前に体温を上昇させない

例えば、ダイエットのためにエクササイズをしたり、お風呂にちょっと長く入ったりなんてことをされる方は多いでしょう。

しかし、これらの行動は、体温を上昇させる上に体を興奮状態にします。

そうなると、寝付きにくくなりますから、これも寝る2時間前までには済ませておくようにしてください。そうすることで、体温が落ち着くので、寝付きやすくなります。

あまりにも眠れないようなら病院へ行こう

あまりにも眠れないというのであれば、病院や専門家に相談するようにしてください。

病院=睡眠薬と考える方もいるでしょうが、いきなりそういったものを処方するのではなく、睡眠できるようにアドバイスしてくれたり、あなたがなぜ眠れないのかということを診断してくれます。

原因がわかれば対策も立てやすくなりますし、安心することができますよね。ですので、睡眠不足が続くようであれば、寝酒で対処するのではなく、病院へ行きましょう。

睡眠サプリ ランキング
睡眠サプリを徹底比較!

当サイトでは、睡眠の悩みを持つ方へ人気の睡眠サプリを徹底比較してランキングを作成しています。

睡眠サプリ_調査結果

眠りが浅い、朝が辛い、寝ても疲れがとれないなど、睡眠の悩みは様々ありますが、サプリ1つでスッキリすることもあります。

気になる方は下記のページをご覧ください。

睡眠サプリランキング

関連記事

NO IMAGE

良い睡眠と「香り」の関係性|どういう香りがオススメ?

NO IMAGE

アイマスクが睡眠に良いのはなぜ?メカニズムについて

NO IMAGE

音楽で快眠できる?睡眠と音楽の関係性とは?