徹夜で勉強をするのは非効率?暗記力と睡眠の関係性について

一昔前までは徹夜で勉強は当たり前と言われたときもありました。

また5時間以上寝る人は受験にも落ちるなんて事もいっている時もありましたが睡眠は体を休める他にも覚えた記憶を整理する時間としてもとても大切な役割を果たしていることがわりました。

となると試験前などしっかり覚えて起きたいことでも徹夜してす睡眠時間を削ってしまえば脳に記憶される時間が短くなるため定着する事ができなくなってしまいます。

全部忘れる事はなかてもところどころ抜けてしまっていると言うのは睡眠が足りていない証拠になります。

そこでもう少し彫り上げて睡眠と暗記力の関係性を見ていこうと思います。

連続した睡眠が大切

よく試験前になると2、3時間仮眠をとってまた勉強するということをしている人もいるかと思います。

ですがこのように時間を分離してしまうと脳な記憶が定着しにくくなります。ここで大切なのが寝る時間は6時間~7時間半ぐい寝ることです。

寝る時間を沢山とるぶん寝る30分前などに勉強し、しっかり睡眠をとり朝起きた時にもう一度復習する方が効率がよか、頭に入ると言われています。

普段から頭に記憶したい人は早寝早起きの習慣を心がけ脳に記憶させる時間を十分に取ることが必要になります。

睡眠のタイプをしって効率的に

睡眠は2種類だと思っている人多くないですか?

よく聞くノンレム睡眠とレム睡眠がありすが実はノンレム睡眠には深い睡眠と浅い睡眠があります。

詳しく説明すると深いノンレム睡眠は脳をしっかり休める働きがあり、浅いノンレム睡眠へ手続きの記憶わ高め、レム睡眠はエピソードを記憶するというのです。

これだけみると難しいですが手続きの記憶というのは例えば水泳の泳ぎ方や自転車の乗り方など体で覚える事を記憶しており、エピソード記憶というのは今日あった出来事を記憶するというものです。

なので睡眠で大切なのはレム睡眠の時のエピソード記憶がとても重要になります。

暗記にはかなり重要エピソード記憶

エピソード記憶が大事ならこれを自分でコントロールできたりしないかななんて考える人もいるかもしれませんが残念ながれコントロールする事は不可能になります。

ですがこのレム睡眠を増やす事はできます。

まず睡眠中に起こるレム睡眠とノンレム睡眠は1時間半の周期で起こっており睡眠が長くなるとレム睡眠の時間は長くなるようになっています。

これは朝の目覚めがいい人はこの浅い睡眠の時に起きるからという法則にもなります。

なので記憶を定着させようとおもむたらレム睡眠の時間を長くする必要がありそのためには睡眠をたくさん取る必要があると言うことです。

睡眠の質がいいというのもこの1時間半の周期の終でしっかり起きる事ができるというのが質を上げると言うことに繋がります。

なので数時間起きに仮眠をとるよりはまとまった時間の睡眠をとるほうが記憶力には圧倒的に有利と言うことになります。

睡眠をとるために体質を変える

睡眠をしっかり取ろうと思っても普段から夜更かしで勉強している人は布団に入っても寝れないから勉強しているなど体の睡眠リズムが狂ってしまうと余計に睡眠と暗記は乱れてしまう一方です。

そこで睡眠をしっかり取るために睡眠をとれる体質を変えてしまおうということです。

それに必要なのが睡眠に必要な栄養補給をする事と実際に寝る14時間前に光を浴びるという方法です。

睡眠に必要な栄養素

睡眠の質を上げるためには大事な成分があります。

それがトリプトファンです。トリプトファンは必須アミノ酸といわれるもので体にはとても大切な成分ですが口から直接摂取することでしか補給ができないものになります。

これが不足すると睡眠不足や中々寝付けないという睡眠障害が起こるようになります。

食べ物からトリプトファンを取ることでセロトニンという幸せホルモンを分泌しこれなメラトニンという睡眠ホルモンへと変わります。

このメラトニンは体内時計わリセットして整える働きがあるり、これは1日のうちで濃度を変化させるようにしていきます。

変化する事で朝は眠くないけどお昼ご飯の後は眠くなったりと言うことが起きます。

体が健康な状態であれば夜になると1番濃度が濃くなるため睡眠を促してくれるようになります。

そのため積極的に肉や魚など動物性タンパク質をとるとトリプトファンが多く入っています。

そく甘いもの果物など食べる人もいるかもしれませんが果物や野菜にはほとんど入っていないので注意してください。

光を浴びる

意味あるの?と思うかもしれませんがちゃんとした意味があります。メラトニンという睡眠ホルモンが生産されるのは光の量で決まるからです。

そしてその光は寝る14時間前に浴びる事で分泌されるようになっているため決まった時間に30分ほど光を浴びることで睡眠のリズムが整うようになります。

これは自然の光で十分効果がでるので朝起きてすぐに太陽の光を浴びるなどでも十分です。

朝が苦手の人はカーテンを開けて寝るだけでも全然違ってくるので1度やってみてください。

寝る前30分の記憶術

ここまで寝る時間を削って勉強を頭に叩き込む事は暗記できないといってきました。

そこで試験前などでも効率的に暗記するために暗記力の高め方や効率よく暗記する方法などを紹介していかので1度試してみてください。

まずはポイントをまとめる

いくら記憶しやすいといっても教科書丸暗記なんてことしても頭には全く記憶されません。

それが記憶しやすい時間といっても無理なものは無理なので勉強する前に今日は何を勉強するかということを決めておくことが大切です。

レム睡眠の時に記憶の力が働くため暗記物がおすすめです。毎日少しづつやることが大切なので注意してください。

そして勉強したらすぐに寝るという事です。

寝る30分前は記憶に残りやすいですがここで勉強が終わってテレビを見たり携帯を触ってしまうとそれも一緒に記憶されてしまうため全く整理されない状態になってしまい、混乱してしまいます。

暗記力を高めるためには勉強したらすぐに寝ることを心がけてください。最後は睡眠時間をたっぷり取ることです。

これは先程もレム睡眠とノンレム睡眠の関係について言った通りたくさん寝ることでレム睡眠の時間を長く取ることができるためです。

寝る前学習の効率のよさ

朝に勉強しようと思っても寝坊したり頭がボーっとしたり中々時間が確保しにくくなります。

そうなると結局勉強できなかったなんてことにもなるので寝る30分前に勉強するほうが効率がいいと言えます。

そして習慣化すればそれにも慣れてくるのでおすすめです。そして勉強の邪魔が入らないと言うことです。

邪魔というのはテレビや電話だったり家族が早く寝る家庭だとそり一層勉強に集中できるようになります。

みんなが起きてる時間にだらだら何時間も勉強するよりは静かな空間で30分と時間と目的を決めて勉強するほうが頭に入るようになります。

後はもう寝るだけだと思うと体はリラックスした状態になるため脳に入ってくる情報を素直に受け入れようという言うことになります。

寝る1時間前にお風呂にはいると副交感神経が働くので緊張している筋肉なども解すことができ、寝る時には体温も下がるのですっと寝ることができます。

睡眠サプリ ランキング
睡眠サプリを徹底比較!

当サイトでは、睡眠の悩みを持つ方へ人気の睡眠サプリを徹底比較してランキングを作成しています。

睡眠サプリ_調査結果

眠りが浅い、朝が辛い、寝ても疲れがとれないなど、睡眠の悩みは様々ありますが、サプリ1つでスッキリすることもあります。

気になる方は下記のページをご覧ください。

睡眠サプリランキング

関連記事

NO IMAGE

質の高い睡眠と自律神経(交感神経・副交感神経)の関係性

NO IMAGE

睡眠不足で生理周期が乱れる可能性!睡眠不足と生理の関係性

NO IMAGE

寝汗をかくのは良いこと?悪いこと?寝汗がひどくなる原因について

睡眠不足だと頭が働かなくなってしまうのはなぜ?

睡眠不足だと頭が働かなくなってしまうのはなぜ?

睡眠負債とは?予防法や対処法について

睡眠負債とは?予防法や対処法について

NO IMAGE

睡眠不足は病院の何科に行けばいいのか?費用など

ショートスリーパーの特徴は?不眠症との違いについて

ショートスリーパーの特徴は?不眠症との違いについて

NO IMAGE

睡眠に最も適した温度・室温は?対策法について

NO IMAGE

眠るときはどういう体制がオススメ?|うつ伏せ・仰向け・横向けそれぞれの違い

レム睡眠とノンレム睡眠の違いとは?