眠るときはどういう体制がオススメ?|うつ伏せ・仰向け・横向けそれぞれの違い

就寝中の姿勢は人によって様々です。仰向けになりながら寝るオーソドックスな寝方をする人もいれば、横向きでなければ寝付けなかったり、うつ伏せで眠る人もいます。

人によって眠りやすい姿勢というのは異なるかもしれませんが、実はこの就寝中の姿勢が睡眠に大きな影響を与えていることはご存知でしょうか。

よりグッスリと眠るためにも、また明日頑張るための活力を取り戻すためにも、今一度就寝中の姿勢を見直すことは非常に重要なのです。

また、最近睡眠の質が下がっている気がする方も、姿勢を見直すことで劇的に改善することもあります。

自分に適した姿勢はどれなのか、その姿勢を主にうつ伏せ、仰向け、横向けの3つに分けて考えてみましょう。

うつ伏せ

うつ伏せで眠るのが好きな方も多いのではないでしょうか。また、枕を抱えるようにして眠ると、自然に眠る時の姿勢もうつ伏せになるはずです。

しかし、実はうつ伏せ寝をするのであれば枕の存在は寝苦しさを助長させてしまいます。

枕を使わずに眠ることで、首を楽な姿勢にしたまま眠ることができるようになり、起床後首が痛くなるようなことも少なくなるのです。

このように、うつ伏せ寝は他の姿勢と比べて寝具の影響が大きい眠り方なので、質の良いうつ伏せ睡眠を取るためには寝具から見直していくことをおすすめします。

では、その点も踏まえたうえでうつ伏せのメリット・デメリットを見ていきましょう。改めて見直すことで、本当に自分にこの姿勢があっているのかどうかを再確認できます。

うつ伏せのメリット

うつ伏せはイビキが止まらない人や、無呼吸症候群に陥っている人と相性の良い姿勢です。

気道がしっかりと確保されるため呼吸をスムーズに行えるようになり、穏やかな睡眠を行えるようになります。

また、人によってはとても安心感を感じられる姿勢がうつ伏せです。仰向けではお腹を上に向けていることで、何となく弱点を晒しているかのような気分に陥る方も多いのではないでしょうか。

睡眠に安心感はとても大切な要素なので、そんな感覚を抱けるのはうつ伏せのメリットと言えるのです。

うつ伏せのデメリット

うつ伏せはきちんとした寝具の上でないと、体を痛める原因になります。

また、枕のように就寝中何かに顎を乗せながら寝ていると、顎関節症の原因になったり起床後顎や関節が痛みかねません。

うつ伏せで寝る時には必ず楽な姿勢を模索して、体に負担が極力かからない姿勢を見つける必要があるのです。

具体的には、顔を左右どちらかに向け、なおかつ片足を曲げる姿勢が推奨されています。特に片足を曲げる寝方に関しては、腰痛防止に繋がるため必ず意識しておきましょう。

仰向け

仰向けは就寝中の姿勢の中でも、スタンダードな姿勢ではないでしょうか。

人が最も自然に眠れるのは、身体を大の字に伸ばした状態ともされており、現在この姿勢で眠りについている方も多いでしょう。

しかし、必ずしも仰向けがベストな姿勢とは限りません。人には向き不向きがあるように、仰向けにもやはり向き不向きがあるのです。

特に無呼吸症候群に悩まされている方は、仰向けになることで余計にその症状が進行してしまう可能性があります。

今はスマートフォンアプリなどで無呼吸症候群やいびきを確認できるアプリが増えているので、そちらを使って確認して自分が該当するかどうかを確認してみましょう。

加えて、仰向けのメリット、デメリットを確認しておけば仰向けが自分に適しているのかどうかがわかるはずです。

仰向けのメリット

最も背骨に負担のかからない姿勢は仰向けです。背骨に負担がかかると知らず知らずのうちに普段の姿勢が悪くなり、猫背になったり肺が圧迫される危険性があります。

仰向けはそんな危険性を最も避けられる姿勢のため、姿勢の悪さに悩んでいる方は仰向けを試してみる価値があります。

また、起床後に体の何処かが痛む方は、就寝中体にかかる負荷をうまく分散できていない可能性があります。

仰向けは自然に眠っているだけでその負荷をうまく全身に散らすことができるので、起きても体が痛まずスッキリと目を覚ませるようになるのです。

仰向けのデメリット

特に高齢者の方に多いのが、舌の筋肉を適切に保つことができなくなり、下がった舌が気道を塞いでしまう状態です。

仰向けの姿勢は特にこの状態になりやすく、無呼吸症候群などはこれが原因ともされています。

また、背骨に負担をかけないとはいえ、マットレスの質が悪いと背骨が自然なカーブを描けなくなり結局体を痛めかねません。

枕も同様で、枕の高さが合わないと血流が悪化し快適な睡眠を妨げる可能性があります。

横向き

横向きは特にバリエーションが豊富な姿勢でもあります。

胎児のように丸まって寝ていたり、腕枕をするように腕を伸ばして眠ったりと、普段横向きで眠っている方の中でもそれぞれお気に入りの姿勢が違うのではないでしょうか。

左右どちらの側面を下にして眠るのかでも意見は分かれるところですし、同じ横向きでも必ずしも同じ寝姿をイメージするとは限りません。

また、体のどこかが痛む方や、妊娠中の女性は横向きの方が眠りやすいということも多くなります。

そんな横向きの姿勢ですが、横向きで眠ることのメリット、デメリットは共通しています。

最近横向きの寝方は自分にあっていない気がするという方はもちろん、朝までグッスリ熟睡できている方も横向きの特徴について確認してみましょう。

横向きのメリット

横向きはうつ伏せと同様に、無呼吸症候群対策になる眠り方です。気道を確保した状態で眠りにつけるので、いびきを注意された経験のある方にもおすすめです。

また、腰痛持ちに優しい眠り方が横向きとされています。

体を丸めやすく足や腰の位置を変動させやすい横向きの姿勢は、腰に不安がある方なら自然と辿り着く姿勢とも言えるでしょう。

他にも、胃酸の逆流を防ぎやすいのも横向きのメリットですが、これは左右どちらを下にしたらよいのかで見解が分かれています。

横向きのデメリット

横向きは体のどちらかに負荷がかかりやすい方法であり、寝具への接地面積もうつ伏せや仰向けと比較して最小です。

横向きを続けていたら肩こりになってしまった、という方も多いのではないでしょうか。

腕や肩を下にして眠らなければならないので、体の片側だけ痺れたり凝ったりする原因になります。また、これは顔も同じです。

顔の片面だけを枕に押し付けるため、その部分がシワになる可能性もあります。女性にとっては大きなデメリットとなるので、気になる方は別の姿勢を試した方が無難でしょう。

寝返りしやすい環境を作る

就寝前はうつ伏せで眠っていたのに、朝起きたら横向きで寝ていた、というような経験は誰もが持っているのではないでしょうか。人間は誰でも寝ている間に寝返りを打ちます。

寝返りは就寝中体に負担の少ない状態へ移行するために行われるので、回数が多すぎるのでない限り多少寝返りを打っても問題ありません。

しかし、寝返りを打てない状態で眠るのは問題です。例えば、ソファや狭いベッドの上で眠っている場合、落ちないよう寝返りを打てなくなります。

この状態では就寝中ベストな姿勢になれないため、体への負担が大きくなるのです。

睡眠サプリ ランキング

関連記事

NO IMAGE

睡眠不足で生理周期が乱れる可能性!睡眠不足と生理の関係性

NO IMAGE

寝言が多い人と少ない人の特徴|病気の可能性は?

NO IMAGE

寝汗をかくのは良いこと?悪いこと?寝汗がひどくなる原因について

睡眠サプリと睡眠薬の違いについて

睡眠サプリと睡眠薬の違いについて

NO IMAGE

睡眠に最も適した温度・室温は?対策法について

NO IMAGE

睡眠不足だと薄毛になると言われる理由

NO IMAGE

質の高い睡眠と自律神経(交感神経・副交感神経)の関係性

睡眠負債とは?予防法や対処法について

睡眠負債とは?予防法や対処法について

レム睡眠とノンレム睡眠の違いとは?

睡眠の質を向上させるには何が効果的?

睡眠の質を向上させるには何が効果的?