睡眠不足で生理周期が乱れる可能性!睡眠不足と生理の関係性

女性の場合家事に育児に終われ体が疲れている場合があります。もう少しだけ寝ていたいと思う事も多いように感じます。

毎月決まった日に生理が来ていた人でも1週間遅れているといった経験をした事がありませんか?妊娠かな?と思ったり病気かもと不安になったり色んな事を考えがちですが実は睡眠不足が原因で生理不順を引き起こす可能性があります。

ホルモンバランスが崩れる事が原因なんて事もあるので詳しく解説していきます。

睡眠不足が引き起こす生理との関係

生理周期が乱れる原因として睡眠不足の他にもストレスや不安など生活環境の変化によっても女性ホルモンは崩れてしまいます。

特に睡眠というのは体を休めバランスを整える働きをしていますがそれが出来ていないと寝ている間に作られるはずの女性ホルモンがだんだん減少していき、体の中がホルモン不足に陥り周期が乱れるといった原因があります。

生理が乱れる原因は脳にある

生理周期というのは卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあります。この2つがバランスよく分泌される事がとても重要になります。

生理周期に大切な女性ホルモンは睡眠中に多く分泌されるようになっておりこれをコントロールしているのが脳視床下部というところになります。

ここはストレスに最も弱い場所と言われており睡眠不足になると大きなストレスを感じるようになり上手く機能しなくなるたま女性ホルモンの分泌が出来ないという状況になります。

このホルモン分泌を上手くしてもらうには睡眠とは切っても切れないという事ですがただ長く寝ればいいというものではありません。それは睡眠時間よりも睡眠の質がとても重要になってくるからです。

PMSや月経異常

月経前症候群といわれる症状で精神的にイライラが止まらなかったり憂鬱になったりする人はいるかもしれませんが腰痛や頭痛、腹痛など色んな体の痛みを引き起こす可能性があります。

これは睡眠不足も影響しますが栄養不足の影響もあるためバランスのとれた食事をしたほうがいいです。生理不順だけでなく、生理異状といった極端に出血が少なかったり生理周期が長すぎたりといった異常が現れる可能性があります。

これが毎月のように起こると女性の体は妊娠しにくい体になってしまう可能性があるため睡眠をしっかりととる必要があります。

睡眠の質を妨害するスマホ

あなたは寝る前に布団に入って携帯を触っていませんか?

実はこの寝る前スマホは質の悪い睡眠へと陥れる可能性があります。ノンレム睡眠とレム睡眠って聞いたことがある人がほとんどだと思いますが人間はこれを繰り返しがら寝ています。

特に女性ホルモンの分泌を促すのがノンレム睡眠といわれる深い眠りについている時に活発に分泌されると言われています。

しかし、寝る前にスマホをいじっているとブルーライトとよばれる画面から発する光が質を下げる働きをしてしまいます。

メラトニンという睡眠ホルモンがありブルーライトを浴びるとメラトニンの分泌が少なくなってしまうため寝付きがわるかなり睡眠が浅くなります。

そうすると睡眠時間は足りているか質が悪いので女性ホルモンの分泌が悪くなるという仕組みです。寝る1時間前にはスマホを触るのを辞めるのが1番です。

睡眠不足を無くして改善出来ること

睡眠不足はホルモンバランスや活性酸素の増加により生理不順や不妊など色んな現象を引き起こしてしまいます。

不規則な生活により睡眠不足に陥ると人が増えている事で生理が乱れ、生理痛が酷くなるなどもあるので睡眠不足を解消する事で得られる事を教えようと思います。

生理中のイライラ解消

どうしても生理前や生理中になるとイライラすることが多いです。

これは自律神経が乱れる事により起こることが多く、睡眠不足に陥ると交感神経と副交感神経の切り替えが上手く出来ずに寝付けない、体がだるい、イライラするなどの原因に繋がります。

質のいい睡眠を取ることができれば生理痛や不安、イライラわ完全に無くすことはできなくても症状を軽くするコトが可能になります。

自分に合った睡眠を取ることが1つの鍵です。

妊娠しやすい体作りができる

睡眠不足が続くと不妊の原因にもなると言われています。先程睡眠は体の調子を整えるといましたが体の機能も整える役割を果たしています。

ホルモンバランスが乱れてしまうと活性酸素と言われる物質が作られそれらが細胞を攻撃してしまうため卵子など妊娠には必要な細胞までもが傷つけられてしまうと不妊の原因にもなります。

卵子も老化と共に衰えてしまいますが元気な卵子を傷つけられたくなないですよね。しっかり質のいい睡眠を取ることで妊娠しやすい体質を作ることもできます。

睡眠不足を解消するコツ

睡眠不足が生理周期の乱れを引き起こすという事がわかっているので実際に睡眠不足を解消していく方法をお伝えしようと思います。

女性の体は敏感なのでストレスが加わってしまうとどうしても睡眠の質に影響がでます。これを減らし質のいい睡眠を取れるための方法をお伝えしていきます。

食事やお風呂を早く済ませる

ついつい仕事が長引いてしまったりすると食事も遅くなりがちですが、寝る直前もしくは1時間前などにご飯を食べると寝ている間に食べ物を消化しようと胃が働いてしまいます。

そうすると脳や神経はしっかり休むことができなくてもなります。最低でも2時間~3時間前に食事を終わらせる事が大切ですし、どうしても食事が取れない人は消化にいい物を食べるようにしてください。

またお風呂も夏場だとシャワーて済ませる人も多いかもしれませんがしっかりとお湯を溜めて入浴する事で深部体温といわれる内蔵や脳を温める事ができるため大切です。

寝る1時間ほど前に入っておくと寝る時に体温が1度下がっていき、この時に眠気がくるようになります。40℃程のお湯に最低でも20分ほど浸かることでぐっすり眠れるようになります。

テレビやスマホは避ける

寝室にまでテレビを置いている人や寝るギリギリまでスマホを触る人は脳を刺激してしまうため良くないといいました。

仕事でどうしても携帯を触らなくてはいけない人もいるかも思いますがぐっと我慢する事も大切です。

ブルーライトが脳を活発にしてしまうので女性ホルモンが上手く分泌されずに睡眠不足からの生理周期の乱れにもなるので寝る1時間ほど前にはやめておくのがベストです。

飲み物にも注意

寝る前にアルコールを飲む人もいるかと思いますがアルコールは睡眠の質を下げてしまうため控えたほうがいいと言えます。

またカフェインが入ったコーヒーや栄養ドリンクなどは覚醒作用があるため眠りを妨げる原因になります。眠気を誘う作用でアデノシンというものがありますがカフェインはこれを妨害してしまうため寝る前に飲むのは良くないと言われています。

遅い人だとカフェインの濃度を弱くするのに5時間はかかると言われているため夕方以降は飲まないようにするのがいいかもしれません。

ちなみにカフェインはコーヒーだけでなくウーロン茶や紅茶、ココアなんかにも含まれているのでいつもあなたが飲んでいる飲みのもをチェッしてみてください。

寝る前はハーブティーなど香りのいい物を飲むと体がリラックスして質ののいい睡眠を取ることができるので試して見てください。

今日からでもできそうなこともあるので普段の生活で出来ていないことをやってみてください。

睡眠サプリ ランキング

関連記事

レム睡眠とノンレム睡眠の違いとは?

NO IMAGE

音楽で快眠できる?睡眠と音楽の関係性とは?

睡眠の質を向上させるには何が効果的?

睡眠の質を向上させるには何が効果的?

ショートスリーパーの特徴は?不眠症との違いについて

ショートスリーパーの特徴は?不眠症との違いについて

NO IMAGE

寝汗をかくのは良いこと?悪いこと?寝汗がひどくなる原因について

NO IMAGE

寝言が多い人と少ない人の特徴|病気の可能性は?

睡眠サプリと睡眠薬の違いについて

睡眠サプリと睡眠薬の違いについて

睡眠不足だと頭が働かなくなってしまうのはなぜ?

睡眠不足だと頭が働かなくなってしまうのはなぜ?

NO IMAGE

睡眠不足は病院の何科に行けばいいのか?費用など