睡眠サプリおすすめランキング(市販・通販)|夜ぐっすり眠れないあなたへ

睡眠サプリランキング!口コミ・成分・効果から自身に合ったサプリを選ぼう!

睡眠サプリランキング!口コミ・成分・効果から自身に合ったサプリを選ぼう!

睡眠サプリランキング

体はクタクタに疲れていて、気持ちの上では近くに布団さえあれば「すぐに眠れる」状態なのに、何故だかいざ眠ろうとすると眠れない…ということを経験された方は多いでしょう。

かなり疲れていて、ぐっすり寝たいのに眠れないのは本当に辛いものがありますよね。

では、なぜ眠りたいのに眠れないという状態に陥ってしまうのでしょうか。

その原因として考えられるのは、主に積み重なった過度のストレスや緊張、長期に渡る不安などが挙げられます。

心身ともに過度のストレスがかかった状態が続くと、布団に入ってから眠りにつくまでに相当な時間がかかってしまうようになります。

一般的には30分以上かかるようなら、睡眠障害ともいえる異常事態である可能性があると言われています。

ストレスには色々な要因があります。

  • 仕事に追われて身体を適度に休めていない状態が続いている
  • 長期的に解決しない悩みに苦しんで毎日不安な気持ちで過ごしている
  • 不安を通り越して極度の緊張状態が続いている

本人が意識していなくても、何らかの原因で知らず知らずの内にストレスが溜まってしまい睡眠に影響していることも考えられます。

いずれにせよ、良い状況とはいえませんので改善する必要があります。

睡眠サプリおすすめランキング

ランキング1

ピースナイト
ピースナイト_袋大きめ

あのキッコーマンが出している睡眠サプリです。起床時の疲労を軽減する機能があると言われているテアニンとGABAを成分に含んでいます。余計なものを入れず、効果が最大限期待できる成分だけを配合しています。

成分 テアニン・GABA
価格 通常:5,460円
定期(初回):3,460円
1日あたり 定期価格:115円
飲む目安:4粒
評価 評価5

ピースナイトを利用した感想は?(口コミ・体験談)

キッコーマンが出している睡眠サプリということで早速購入しました。今まで様々なサプリを試してきましたが、一番快眠できています。

仕事のストレスからか、最近はなかなか質の良い睡眠を取れていないような気がしていました。ピースナイトを飲んでからというもの、しっかり休息できています。

同僚からピースナイトの話を聞いてネットで購入しました。今までにはない気持ちの良い睡眠を取れている気がします。

公式サイトはこちら

ランキング2

グッドナイト27000
グッドナイト27000_袋大きめ

リラックス効果があるとされている成分を、原料メーカーに推奨される量で配合しています。
「テアニン6000mg」など、入っている成分の分量を細かく掲載しているので安心感があります。

成分 テアニン・グリシン・GABA・トリプトファン・ラフマ・カモミール
価格 通常:6,000円
定期(初回):990円
1日あたり 定期価格:33円
飲む目安:3粒
評価 評価3

グッドナイト27000を利用した感想は?(口コミ・体験談)

GABAが配合されているということで購入しました。スッキリした朝を迎えることができるようになりました。

今までしっかり休息できていない気がしていましたが、グッドナイト27000のおかげでゆったり眠れています。

日々のストレスで悩んでいましたがグッドナイト27000を飲んでから休息できている気がします。あと、サプリメントケースが可愛いです♪

公式サイトはこちら

ランキング3

楽睡
楽睡バナー

楽睡はテアニン、GABA、米ぬかなどの休息成分をふんだんに含んでいます。
特に、テアニンに関しては9000mgもの高配合です。
先着500名様に価格から58%オフのキャンペーンを行っているので、購入したい方は今がチャンス。

成分 L-テアニン・GABA・米ぬか
価格 通常:7,560円
定期(初回):3,176円
1日あたり 定期価格:106円
飲む目安:1包
評価 評価3

楽睡を利用した感想は?(口コミ・体験談)

楽睡を飲み始めてからは睡眠の質が良くなったような気がしています。
以前に比べて二度寝をすることがなくなりました。

小さい頃から朝が苦手だった私が、楽睡を飲んでからはスッキリするようになりました。
サプリ自体の価格も毎月3,000円くらいで非常に安いので、重宝しています。

睡眠サプリをいくつか飲んだことがあるのですが、どれもイマイチでした。
楽睡は、テアニンを多く配合しているので購入してみましたが、今のところ気分よく睡眠できています。

公式サイトはこちら

睡眠サプリ比較表(市販・通販)

商品名 目安量/1日 価格/1日 通常価格 税込 内容量 定期初回価格 主成分
潤睡ハーブ 3粒 66円 5980円 90粒 1980円 クロレラ
ネムリスネムリス 6粒 163円 7000円 180粒 4900円 ラフマ
北の大地の夢しずく北の大地の夢しずく 1本(液状) 116円 4094円 30本 3479円 酵素処理アスパラガス抽出物
グリナグリナ 1本(液状) 190円 7128円 30本 5702円 グリシン、クエン酸
月の休息月の休息 8粒 98円 3240円 240粒 2916円 トリプトファン
爽眠α爽眠α 3粒 94円 6156円 120粒 3758円 L-テアニン
リラクミンリラクミン 2粒 90円 3400円 60粒 2720円 ラフマ
リラクケアリラクケア 2粒 50円 3564円 60粒 1501円 L-テアニン
スヤナイトαスヤナイトα 1粒 169円 5980円 30粒 5083円 ギャバ
グッドナイト27000グッドナイト27000 3粒 33円 6000円 90粒 990円 L-テアニン
NEMLINANEMLINA(ネムリナ) 2粒 212円 7668円 60粒 6372円 L-テアニン
Dr’sラフマ葉GABADr’sラフマ葉GABA 2粒 198円 7776円 62粒 6156円 ラフマ
深眠源深眠源(10日お試し) 3粒 452円 5660円 30粒 4525円 アガリクス
テアニン快眠粒テアニン快眠粒 4粒 31円 4800円 124粒 980円 L-テアニン
ピースナイトピースナイト 4粒 115円 5460円 120粒 3460円 テアニン
シンデレラスリープシンデレラスリープ 2粒 66円 7560円 60粒 1980円 イソフラボン
楽睡バナー楽睡 1包 106円 7560円 1包 3176円 L-テアニン

睡眠サプリの選び方について

まず大前提として頭に置いて頂きたいことがあります。

それは、睡眠サプリのような食品扱いの商品は効果を表示して販売することは法で禁じられているということです。これが何を示しているかということを説明しましょう。

効果を表示することができないということは、これといった選定基準を掴みにくいことになります。つまり、口コミなどの情報を頼りにしがちになってしまう可能性が高くなります。

口コミも勿論大事ですが、それだけを信じきって商品を選定するのは余りにもリスクがあります。なぜなら、万人に効くサプリは世の中には存在しませんし、口コミの評価が良いからといって自分に合うとも限りません。
一番重要なのは、どれが自分に合うのかという点です。

口コミが良かったからといって手当たり次第に商品を購入するのは止めましょう。

有効成分の「量」に注目しよう

睡眠サプリの効果の高い低いはズバリ、配合されている有効成分が含まれている「量」によります。極端にいってしまえば、最も重要なのは成分の種類や価格ではないということですね。

睡眠サプリ選びにことごとく失敗している方の特徴として挙げられるのは、成分や価格だけにとらわれて判断し、表向きだけの要素で選んでいるということです。

いくら優秀な有効成分が含まれていたとしても、効果を期待できないほどの微量しか配合されていないのでは効果を実感できる可能性は極めて低いといえます。
中には、見た目は睡眠の質を良くするために必要な良い成分ばかり配合されている商品もあります。パッと見は「これは良いサプリだ!」と感じますが、成分の量を詳しく見てみると最悪の場合には肝心な配合量が全く書かれていないという商品も多々あります。

このように、いくら有効成分が豊富に含まれているとしても配合量が不明瞭で実は微量しか配合されていないというケースは多くありますから注意しましょう。

睡眠サプリの主な成分・効果について

ストレス社会といわれる今の時代、実に様々な種類の睡眠サプリが販売されていますね。

通信販売限定の睡眠サプリもあり、こだわりの成分を使用しているというものまで実に豊富な種類があります。睡眠サプリはメーカーも色々ですので、効果は似ていても含まれている成分もそれぞれ異なります。

有名どころの有効成分は以下の3つでしょうか。

  • L-テアニン
  • トリプトファン
  • グリシン

これらは聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。それらの成分は、人により合う合わないがあり効果にも個人差があります。

いずれにせよ、どの成分も不眠症状の改善を手助けしてくれる有効な成分です。自分に合った睡眠サプリ選びとは、自分に合った成分選びといっても過言ではないでしょう。

睡眠サプリに良く使われる成分

ではここで、ごく一部ではありますが睡眠サプリによく使われている有効成分をいくつかご紹介していきましょう。

GABA(ギャバ) 脳内で働くアミノ酸で、抗ストレス、リラックス効果があります。イライラや緊張、不安など不眠症の症状に作用します。
テアニン 脳がリラックスした状態の時にみられる「α波」が活性化します。緊張やイライラなどによる興奮状態を抑えてくれます。
グリシン 体内で合成し生成される非必須アミノ酸で、深部体温を下げスムーズに眠りに入りやすくします。
メラトニン 脳から分泌されるホルモンの一種で、体内時計を整えます。「睡眠ホルモン」とも呼ばれていますが、日本でメラトニンのサプリの製造や販売は禁じられており入手する際には慎重に行うべきものです。
トリプトファン 必須アミノ酸で体内では生成することが出来ません。「幸せホルモン」ともいわれ、不足すると情緒不安定や不眠等の症状が現れますので、それらの症状を抑えてくれます。

睡眠サプリはどんな人にオススメ?

睡眠時間をしっかり取れない状態が当たり前になってしまい、眠りたいのにすぐに寝つけなくなった方には是非オススメです。

また、寝ても30分後には起きてしまう…を繰り返していると知らず知らずの内に疲れもストレスも溜まりますから、このような方にも深刻化する前に使用してみることをオススメします。

不眠の原因は様々で、複数の要因が重なっている方も多くいらっしゃいます。

一番良くないのは、寝つきが悪いことや、眠れないことを見て見ぬふりして、長期放置してしまうことです。
少しでも眠りが浅いという自覚がある方全般に、睡眠サプリはオススメします。軽度でサプリによって改善できる内はまだ良いのです。

不眠症が深刻化することは、想像以上に辛いことだけは覚えておきましょう。そして、ストレスを抱えるのは働き盛りの人間だけではありません。

仕事を引退したり、病気などで外出が減った方にもストレスが溜まりやすくなります。そこから不眠症へ繋がる場合もあります。

理由は、日光を浴びる時間が少なくなるとメラトニンの分泌量が激減し体内時計が狂い始め、寝つきが悪くなったり眠りが浅くなったりするからです。

このようなケースにも睡眠サプリはオススメでしょう。

薬には頼りたくない方にもオススメ

不眠の症状を改善する方法の一つとして今回ご紹介する睡眠サプリというものもありますが、もう一つの方法としては「お薬」があります。

しかし、この手のお薬は癖になってしまうので避けたいという声も多く、一度飲み始めたらその薬がなければ眠れなくなってしまう場合もあります。

その薬に体が慣れてしまって更にきつい薬を飲まなくてはいけなくなってしまう…ということも危惧されます。
そのような方法を避けたいと考えている方は非常に多いので、お薬には頼らず良質な睡眠を取り戻したいという方にも是非オススメなのが睡眠サプリです。

睡眠サプリに副作用はある?

一部を紹介しましたが、睡眠サプリの成分にはいくつかあることは理解して頂けたと思います。その中で、メラトニンは日本で製造することや販売は禁じられているということも伝えました。

その理由ですが、脳に直接作用する強い成分であることから副作用の危険性も高いことが挙げられます。

更に説明するとメラトニンは本来、体内にあるホルモンなので体内で自然に分泌されるべきものです。なので、微量でもサプリ等で取り入れると適正なバランスが崩れる場合があります。
更に脳は、自分の体内でメラトニンを作らなくても良いのだと判断してしまいメラトニンを作らなくなってしまうケースもあります。

このようにメラトニンは効果も高い分、副作用も視野に入れなくてはならない成分として日本では慎重に取り扱われています。

メラトニン使用に関する情報

日本ではメラトニンのサプリは医薬品に分類されます。つまり、医師の医師の指導のもと適正な量を正しく服用するべきものです。

日本国内でメラトニンのサプリを入手する方法としては以下の4つです。

  • 医師の指導のもと処方
  • 個人輸入
  • 海外に出向き入手する
  • ネットで購入

それほどに慎重に取り扱わなくてはならない成分であり、副作用の危険性も高いのです。ネットでも海外製のメラトニンのサプリは買うことができますが、手軽に買えるだけに保証も一切ありません。

何らかの副作用が起きたとしても、全て自己責任となってしまいます。

中には粗悪品もありますので、やはり本当に必要な場合には医師の指導のもと処方してもらうことが最も安全性は高いでしょう。

睡眠サプリの飲み方は?

食品である睡眠サプリは、医薬品と比較すると体にも優しく副作用の心配がないことが最大の魅力です。

また、睡眠薬のようなお薬だと服用する時間が決まっており「飲むなくてはいけない」というストレスも感じやすいのですが、睡眠サプリは飲むタイミングも自由であることも魅力で気楽に使用できますね。

最も高い効果を得られるのは布団に入る少し前の時間帯であり、30分〜1時間ほど前に飲むと良いといわれています。
メーカーにより、推奨されている飲むタイミングは違えど一般的には上記のタイミングになります。

寝る前の1時間前が、睡眠サプリの力を最も発揮できるとされているのです。

安全性や副作用以外に睡眠サプリメントのメリットとして挙げられるのが、睡眠薬と違い飲むタイミングが決まっていないということでしょう。

睡眠サプリを飲む前の注意点

現在、非常に多くの睡眠サプリが販売されている中でほとんどのサプリで挙げられる注意点があります。

それは、「カフェイン」と併用してはいけないということです。

なぜなら、カフェインの特徴として有名ですが脳を覚醒させる作用があります。睡眠サプリの力を激減させてしまうので注意しましょう。

使用する状況によってはカフェインは有効な成分ではありますが、睡眠サプリと飲んでしまうことで最大限に効果を発揮できなくなります。

これは眠れないことに直結してしまうので、非常に重要なポイントです。
そして忘れてはならない注意事項は、妊娠中または授乳中の女性は注意が必要です。

大半のサプリでは使用を禁止しているので、購入前には必ず問い合わせをするなり説明をしっかり読むなりして確認しましょう。どんなに良い商品にも必ず「注意事項」というものがありますので、そちらの確認は怠らないようにしていきましょう。

睡眠サプリを飲んだ後の注意点

良質な睡眠サプリを使用しても、電気を消した暗い室内で布団の中でスマホを長い時間いじっていたり、パソコンを見ていたり、電気がカンカンと点いている部屋でテレビを寝る直前まで見ているのはよくありません。

脳が活発になり睡眠モードに入ることができなくなるからです。

睡眠サプリを飲んだ後は、少し部屋の照明を暗くして布団に入ってリラックスするようにしましょう。
質の良い睡眠を手に入れるためには、布団の中でのスマホいじりやパソコンの使用は我慢することを推奨します。良質なサプリと同じくらい大切なのが、眠りに入りやすい環境作りです。

睡眠サプリで快適な睡眠を送ろう!

今回は睡眠サプリに注目して皆さんに詳しく説明してまいりました。今回の記事では、一口に睡眠サプリといいましても様々な成分があるということも理解して頂けたはずです。

そして、いくら良質なサプリを使っても寝る前の環境も見直す点があることも理解して頂けたと思います。

睡眠サプリは実際に使ってみなければ分からないというのが正直なところですが、商品選びの目安として注意すべきことも紹介してまいりましたので是非参考にして頂けれければと思います。

医薬品とは違って体に優しい睡眠サプリは、働き盛りの若い方から高齢者の方まで幅広い年齢層で使用することができる安心な物です。

最近眠れないなと感じている方は放置せずに、早めの対処として睡眠サプリを是非オススメします。

  1. a b デジタル大辞泉
  2. ^ 広辞苑第五版
  3. a b c d ブリタニカ百科事典「睡眠」
  4. a b c d e 『ハリソン内科学』 (4版) メディカルサイエンスインターナショナル、2013年3月26日、Chapt.27。ISBN 978-4895927345
  5. ^ 2. 人は眠らないとどうなりますか?
  6. ^ 澤田誠 全学教育科目 理系教養 自然環境と人間 第1シリーズ 脳 6話 2010.11.11の講義資料のひとつ
  7. a b c d e 田中冨久子『女の老い・男の老い:性差医学の視点から探る』<NHKブックス> NHK出版 2011年、ISBN 9784140911778 pp.62-65.
  8. ^ マイナビ2016年3月18日2016年4月10日閲覧
  9. ^ 一般社団法人共同通信社 – 眠気の正体は脳内タンパク 筑波大チームが発表(2018/6/14 02:01)”. 2018年6月26日閲覧。
  10. ^ Sankeibiz – 眠気の“正体”は脳内タンパク 筑波大チームが発表 2018.6.26 05:55”. 2018年6月26日閲覧。
  11. a b c d e f g h i Hirshkowitz, Max ; Whiton, Kaitlyn et al. (14 January 2015). “National Sleep Foundation’s sleep time duration recommendations: methodology and results summary”Sleep Health: Journal of the National Sleep Foundation (Elsevier Inc). doi:10.1016/j.sleh.2014.12.0102015年2月4日閲覧。.
  12. ^ Backgrounder: Later School Start Times”. National Sleep Foundation (n.d.). 2009年10月2日閲覧。 “Teens are among those least likely to get enough sleep; while they need on average 914 時間 of sleep per night…”
  13. ^ How Much Sleep Is Enough?”. National Heart, Lung and Blood Institute. 2015年7月25日閲覧。
  14. ^ Daniel F. Kripke; Robert D. Langer; Jeffrey A. Elliott; Melville R. Klauber; Katharine M. Rex (2010). “Mortality related to actigraphic long and short sleep”. Sleep Medicine 12 (1): 28-33. doi:10.1016/j.sleep.2010.04.016.
  15. ^ 睡眠時間と死亡との関係 玉腰暁子
  16. ^ 死亡率低い7時間睡眠 日本人11万人の調査結果
  17. ^ Understanding Sleep: Sleep Needs, Cycles, and Stages”. Helpguide.org (2007年). 2008年1月25日閲覧。
  18. ^ Meyer, Matthew (2012). The slumbering masses : sleep, medicine, and modern American life. Minneapolis: University of Minnesota Press. ISBN 0-8166-7474-4OCLC 788275263.
  19. ^ Taheri S, Lin L, Austin D, Young T, Mignot E (December 2004). “Short sleep duration is associated with reduced leptin, elevated ghrelin, and increased body mass index”PLoS Med. 1 (3): e62. doi:10.1371/journal.pmed.0010062PMC535701PMID 15602591.
  20. ^ 睡眠と生活習慣病との深い関係”. 2015年11月23日閲覧。
  21. ^ 睡眠不足が引き起こす病気・リスクは何ですか?”. 2015年11月23日閲覧。
  22. ^ ポー・ブロンソン(Bronson,Po)、アシュリー・メリーマン(Merryman,Ashley) 、小松淳子訳、『間違いだらけの子育て―子育ての常識を変える10の最新ルール』 インターシフト社、2011年6月、原題 Nurture Shock、ISBN 978-4-7726-9523-7
  23. ^ デジタル大辞泉「熟睡」。
  24. ^ 睡眠用語辞典「深睡眠」「徐波睡眠」。
  25. ^ 2005年5月3日神奈川新聞11面
  26. ^ “明るい寝室、眠りの質低下でうつのリスク”朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2017年8月21日) 2017年8月22日閲覧。
  27. ^ 生涯眠らなかった男(2011年10月13日時点のアーカイブ
  28. ^ 33年間、眠らない男 ベトナム
  29. ^ “Hasn’t Slept in 10 years”New York Times. (1904年2月29日) 2017年5月23日閲覧。
  30. ^ “Man Who Said He Never Slept Dies at 94; New Jersey Doctors Are Skeptical of Claim”New York Times. (1947年1月4日) 2017年5月23日閲覧。
  31. ^ Society at a Glance 2009, OECD, (2009), doi:10.1787/19991290ISBN 9789264056879
  32. ^ 出典:NHK放送文化研究所世論調査部『2000年国民生活時間調査報告書』
  33. ^ In the City That We Love – The Jawbone Blog
  34. ^ 昼寝 アルツハイマー病 予防 国立精神・神経センター武蔵病院
  35. ^ 疲れないカラダの作り方
  36. ^ Sleeping for more than 40 minutes during the day ‘increases the risk of heart disease’”. 2016年3月26日閲覧。
  37. ^ 眠りのメカニズム 厚生労働省
  38. ^ 長崎県
  39. ^ Kazuhiko Kume, Shoen Kume, Sang Ki Park, Jay Hirsh and F. Rob Jackson,“Dopamine is a regulator of arousal in the fruit fly,” Journal of Neuroscience25, 2005, pp.7377-7384. [1]
  40. a b c d 眠気の正体 日経ナショナル ジオグラフィック 2016年10月4日
  41. a b 不眠バイオマーカーの探索(研究課題番号:20406006)同pdf版
  42. ^ The people who need very little sleep BBC 2015年
  43. a b Stra13/DEC1 and DEC2 inhibit sterol regulatory element binding protein-1c in a hypoxia-inducible factor-dependent mechanism. Nucleic Acids Research Choi SM, Cho HJ, Cho H, Kim KH, Kim JB, Park H. 2008年
  44. ^ Effects of Vitamin B6 (Pyridoxine) and a B Complex Preparation on Dreaming and SleepPerceptual and Motor Skills Denholm J. Aspy, Natasha A. Madden, Paul Delfabbro, et al. 2018年4月17日
  45. ^ 夢を思い出すにはビタミンB6が有効だった:研究結果 Wired 2018年5月21日
  46. ^ Quantitative phosphoproteomic analysis of the molecular substrates of sleep need NatureZhiqiang Wang, et al. 2018年6月13日
  47. ^ アルツハイマー病を予防できる可能性 - カマンベールチーズに原因物質の沈着を抑える成分を発見 - 東京大学大学院 2015年3月12日
  48. ^ Weljie, Aalim M.; Meerlo, Peter; Goel, Namni; Sengupta, Arjun; Kayser, Matthew S.; Abel, Ted; Birnbaum, Morris J.; Dinges, David F. et al. (2015). “Oxalic acid and diacylglycerol 36:3 are cross-species markers of sleep debt”. Proceedings of the National Academy of Sciences 112 (8): 2569–2574. doi:10.1073/pnas.1417432112ISSN 0027-8424.
  49. a b 池田不二男、「古代中国人の夢に関する思惟(第 4, 5 回研究大会報告要旨 : アジア・アフリカ・アメリカ)」 日本民族学会 1967年 31巻 4号 p.292-293, doi:10.14890/minkennewseries.31.4_292
  50. ^ 夢と眠りの博物誌 著者:立木鷹志
  51. ^ この諺が成立したのは栄養失調、病気、寄生虫その他による乳幼児死亡率が高かった時代で、そういった場合、死ぬ可能性の高い乳児は寝ずに泣き続けるケースが多いことから来ているため、この場合の「育つ」とは単なる成長の著しさではなく「死なずに無事生きる」事を指している。
  52. a b 世界保健機関『ICD-10精神および行動の障害-DCR研究用診断基準』新訂版、2008年、新訂、123頁。ISBN 978-4-260-00529-6世界保健機関 (1993) (pdf). The ICD-10 Classification of Mental and Behavioural Disorders:Diagnostic criteria for research (green book). World Health Organization.
  53. a b アメリカ精神医学会 2004.
  54. ^ 世界保健機関『ICD-10精神および行動の障害-DCR研究用診断基準』新訂版、2008年、新訂、123頁。ISBN 978-4-260-00529-6世界保健機関 (1993) (pdf). The ICD-10 Classification of Mental and Behavioural Disorders:Diagnostic criteria for research (green book). World Health Organization.
  55. ^ Hirshkowitz, Max (2004). “Chapter 10, Neuropsychiatric Aspects of Sleep and Sleep Disorders (pp 315-340)”. In Stuart C. Yudofsky and Robert E. Hales, editors (Google Books preview includes entire chapter 10). Essentials of neuropsychiatry and clinical neurosciences (4 ed.). Arlington, Virginia, USA: American Psychiatric Publishing. ISBN 978-1-58562-005-0 2009年12月6日閲覧. “…insomnia is a symptom. It is neither a disease nor a specific condition. (from p. 322)”
  56. a b Voderholzer, Ulrich; Guilleminault, Christian (2012). “Sleep disorders”. Neurobiology of Psychiatric Disorders. Handbook of Clinical Neurology. 106. pp. 527–40. doi:10.1016/B978-0-444-52002-9.00031-0ISBN 978-0-444-52002-9PMID 22608642.
  57. ^ MESH68020920
  58. ^ Melinda Smith, M.A., Lawrence Robinson, Robert Segal, M.A. (September 2011). Sleep Disorders and Sleeping Problems.
  59. a b c d e f g h i j 日本睡眠学会・認定委員会、睡眠障害診療ガイド・ワーキンググループ 2011, pp. 12-17、22-25.
  60. ^ アレン・フランセス 2014, pp. 187-189.
  61. ^ アレン・フランセス 2014, pp. 191.
  62. ^ アメリカ精神医学会 2004, p. 625.
  63. ^ National Institute of Neurological Disorders and Stroke (June 27, 2011). NINDS Narcolepsy.
  64. a b c d e f g h i 日本睡眠学会・認定委員会、睡眠障害診療ガイド・ワーキンググループ 2011, pp. 60-68.
  65. ^ Thorpy, Michael J. “PARASOMNIACS.” The International Classification of Sleep Disorders: Diagnostic and Coding Manual. Rochester: American Sleep Disorders Association, 1990. Print.
  66. a b 「睡眠障害治療学総論」『睡眠学』朝倉書店、2009年2月、442頁。ISBN 978-4254300901
  67. ^ アメリカ睡眠医学会 2010.
  68. ^ “Treatment of insomnia”UpToDate (ヴォルタース・クルーワー), (2016-03)
  69. ^ 『睡眠学』朝倉書店、2009年2月、442頁。ISBN 978-4254300901
  70. a b 大川匡子「非薬物療法」『睡眠学』朝倉書店、2009年2月、443-447頁。ISBN 978-4254300901
  71. ^ アメリカ睡眠医学会 2010, pp. 12-17、22-25.
  72. ^ 厚生労働省 (2003年3月). “健康づくりのための睡眠指針検討会報告書平成15年3月”. 厚生労働省. 2014年3月15日閲覧。
  73. ^ 厚生労働省健康局 2014.
  74. ^ ホフマン, S. G. 伊藤正哉・堀越勝(訳)(2012). 現代の認知行動療法――CBTモデルの臨床実践―― 診断と治療社, 183-191頁.
  75. ^ リー, D. 竹本毅(訳)(2016). 10分でできる認知行動療法入門 日経BP社, 173-179頁.
  76. a b アメリカ睡眠医学会 2010, pp. 189-196.