アイマスクが睡眠に良いのはなぜ?メカニズムについて

睡眠にアイマスクが良いことは知られていますが、なぜ良いかまで知ってる人は意外と少ない傾向があります。

ある程度光がないと眠れないと言う人もいるため、余計に意味がわからないと言うケースもあるからです。

ポイントになるのが人間は光の影響を受けやすいと言うことと、現代人は目を酷使する傾向があると言うことです。

目を閉じていても光の影響を受けると交感神経が活発化し、眠気が飛びやすくなってしまいます。光があると眠りが浅くなる傾向があります。

また、目を温めることで疲労感が取れやすくなる面もあります。疲れで眠れないと言う場合は一時的にホットアイマスクで目を温め、それから休む方法もあるのです。

同じアイマスクでも使い方で影響の出方がかわるためうまく生かすのがおすすめになります

人間の目は光に敏感にできているのがポイント

人間の目は光に敏感で、目に光が入ると活動するためのスイッチが入ります。

いわゆる交感神経が活発に動いている状態で、眠気が飛びやすくなり、集中力が高まります。夜が深まると眠くなり、朝に目が覚めるのは太陽の光の影響が大きいのです。

注意したいのは人工的な明かりが増え、眠りのバランスが崩れやすくなっていることです。

目を閉じていてもまぶたを通して光が入ってくるのもポイントで、眠りが浅くなる原因となることもあります。

明かりをつけっぱなしで寝てしまい不快感が残ったことや、部屋が明るくなることで無理やりおこされた経験がある人もいるはずです。

目を閉じていても人間の目は光を感じてしまうだけでなく、眠りを促す副交感神経が働きにくくなる原因となる場合もあります。

アイマスクをすることで目に届く光をシャットアウトできる

アイマスクで睡眠の質が改善される最も大きな要因が、目に届く光をシャットアウトできることです。

まぶたでは遮断しきれない光もアイマスクをつければ遮ることができます。目に光が届かなくなることで副交感神経が活発になり、より眠りにつきやすくなるのです。

日当たりの良い部屋に住んでいてカーテン越しでも光が入ってしまう場合は、遮光性の高いカーテンやアイマスクを利用することで睡眠の質が改善する場合があります。

部屋が明るすぎる場合は光の量を落とすだけでも睡眠にプラスになるケースもあるのです。

アイマスクは仮眠時にも使いやすい

アイマスクが活躍するのは夜眠るときだけではないのがポイントです。

オフィスや車などで仮眠をする場合もアイマスクが活躍します。明るい場所でも簡単に暗い状態を作り出せるため、交感神経と副交感神経の働きがすぐに入れ替わってくれます。

短時間でも質の良い仮眠を取ることで仕事や家事の効率が良くなるケースもあるのです。

余り眠りすぎてしまうと睡眠のリズムが乱れやすくなるため、アラームなどをセットして仮眠をつくる習慣はプラスになります。

目を酷使する仕事の場合はこまめに休憩を挟み、たまに仮眠を入れるなど工夫を加えるのがおすすめです。

ホットアイマスクで目の疲労を軽減するのも効果的

アイマスクには保温効果が高いものや、バッテリーなどをつけることで目を温められるものもあります。

ホットアイマスクは目の周辺の血流を良くすることで緊張をほぐし、目の疲労をとるのに役だちます。

アイマスクを使った仮眠と組み合わせをすることがプラスになるケースもあるのです。

眼精疲労が原因で頭痛がする場合などはホットアイマスクで疲労感や緊張感がやわらぐケースもあります。

日ごろからパソコンやスマホの画面を見続けることで眠りが浅くなっていることもあるため、意識して目を休めることや目の疲労の回復を促すことも大切です。

一般的なアイマスクをするだけでも保温性は高まるため、冬に寝つきが悪いときなどは目を温めるだけで睡眠の質が上がる場合もあるのです。

目を温めることで疲労感や緊張感が和らぐ

ホットアイマスクは光による神経の緊張を和らげること役だちます。

スマホの普及で目を知らないうちに酷使している人は多く、眠りが浅くなる主な原因となっている場合もあります。

目が疲れた状態が普通になってしまうと自覚すること自体が難しくなるのです。眼精疲労が原因の頭痛などで初めて症状を自覚する人もいます。

光を遮断し、目を温めるホットアイマスクは頭痛や緊張を和らげ、眠りの質を高めるのにプラスになる場合があります。

仕事や授業の合間にスマホを見てしまう癖がある場合は、たまにホットアイマスクをつけて目を閉じる習慣をつけるのもおすすめになります。

冬場など寒い時期にも使いやすい

冬場の部屋の温度が低すぎると、眠りが浅くなる原因となる場合があります。パジャマなどを着ない顔は室温の影響を受けやすく、ついつい無頓着になりがちです。

しかし、室温を上げることやアイマスクなどで補うことで睡眠の質が向上する場合もあるのです。

仮眠などの短時間の休憩にはホットアイマスクを使う、本格的な睡眠をとる場合は一般的なアイマスクを使うと言った使い分けも可能です。

アイマスクによってつけ心地がかわるため、フィット感が良いものを選ぶことも大切になります。夜眠るときはなるべくストレスが少ないものを選んだ方が良いのです。

アイマスクにも品質があるためしっかりと選ぶこと

アイマスクにも品質があり、つけ心地などに違いがあります。価格が安いものであればゴム部分の力が強く、締め付けが強すぎて不快になってしまうような場合もあります。

自分で調整できるかどうかも重要なため、しっかりとチェックしたいポイントになります。

もちろん、低価格のものからとりあえずで使い始め、よりこだわりたいのであればよいものにかえていく方法もあります。

洗濯が可能なものもある一方で使い捨て感覚のものも珍しくないため、どの程度のサイクルでかえていくかも考えるのがおすすめです。

特にホットアイマスクの場合はどの部分が選択可能かで維持費が大きくかわります。

カバー部分をとり買えてもヒーター部分に寿命が来ることもあるためある程度のスパンで買い換えた方が良いのです。

つけ心地や布の厚みなどはアイマスクで異なる

アイマスクのつけ心地は価格によってかわり、価格が高いものほど耐久性などに優れることが多くなります。

ホットアイマスクと一般的なアイマスクでは価格が大幅にかわるケースもあるため、自分の目的に合わせたアイマスクを購入するのがおすすめです。

ヒーターつきのホットアイマスクは価格が高くなるだけでなく、ヒーター部分の重量が加わるのもポイントです。

充電の都合などもあるため、自宅で使うか、職場で使うかも含めて検討するのが大切です。

洗濯が可能かどうかは見落としがちなポイントに

アイマスク選びで見落としがちなのが洗濯が可能かどうかです。アイマスクをつけていると目の周りの皮脂などをすってアイマスクが汚れていきます。

長期間洗濯をしなければ雑菌などが繁殖する恐れがあるため、管理も意識した方が良いのです。

洗濯が可能かどうかを購入時に確認するだけでなく、洗濯が不可能であれば除菌スプレーなどで除菌するなど、管理の手間を考えるのがおすすめになります。

使い捨て感覚で購入するのも方法で、よりストレスがない方法を選ぶのも方法です。つけ心地を確認したり、レビューを確認しながら買い替えていく人も多いのです。

睡眠サプリ ランキング
睡眠サプリを徹底比較!

当サイトでは、睡眠の悩みを持つ方へ人気の睡眠サプリを徹底比較してランキングを作成しています。

睡眠サプリ_調査結果

眠りが浅い、朝が辛い、寝ても疲れがとれないなど、睡眠の悩みは様々ありますが、サプリ1つでスッキリすることもあります。

気になる方は下記のページをご覧ください。

睡眠サプリランキング

関連記事

NO IMAGE

良い睡眠と「香り」の関係性|どういう香りがオススメ?

NO IMAGE

寝酒が良いと言われる理由は?アルコールと睡眠の関係性

NO IMAGE

音楽で快眠できる?睡眠と音楽の関係性とは?