良い睡眠と「香り」の関係性|どういう香りがオススメ?

日々の疲れを取るために睡眠は必要不可欠なものです。最近では睡眠の『質』にこだわる方も多くなってきました。

また美容に気を付ける方にとっても睡眠は重要な要素となっているんです。

しかし現代人はストレスなどから上手く寝付けない、寝ているはずなのに疲れがとれないといった睡眠の悩みを抱えている方が多くいます。

ではどうすれば寝つきが良く、質のいい睡眠をとることができるのでしょうか。それには就寝前にリラックス効果を与えて、緊張をほぐしておく必要があります。

そこでおすすめなのが天然アロマを利用した香りによるリラックス法です。アロマテラピーと聞けば馴染みがあるかもしれません。

今回は良質な睡眠を取るためのポイントや、おすすめの香りなど詳しく紹介していきます。睡眠に関する悩みを持っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

香りがもたらす睡眠効果

人の体は交感神経と副交感神経の2つの自律神経がバランスを取りながら働いています。リラックスしている場合は副交感神経が優位になっている時です。

ですから副交感神経が働いている時こそ眠りにつきやすい状態ということになります。

逆に交感神経が働いている時はなかなか体を休めることができずその結果寝つきが悪くなります。

良質な睡眠をとるためには副交感神経を優位な状態にして心身ともにリラックスすることが必要になります。そこでおススメするのがアロマテラピーです。

アロマの香りにはリラックス効果があり睡眠を促す働きが期待できます。しかし、これらの香りが実際に睡眠にどのような影響を与えているかは明確にはわかっていません。

分かっているのはアロマの香りがリラックス効果をもたらし快眠に繋がるということです。

香りの選び方

自分がリラックスできる香りを選んで問題ありません。睡眠後は香りに対して鈍感なので、眠った後の香りについて考える必要はないんです。

ですから、睡眠前に自分が一番リラックスできる香りを選んでください。好みは人それぞれなので自分に合ったものを選ぶ方が快眠効果は高まります。

香りを楽しみながらツールとして使用する

「リラックスツール」としてアロマ選びを楽しみましょう。

香りの好みは人それぞれと言いましたが、自分の好みではない香りを選んでしまうとストレスが溜まり余計に寝付けなくなってしまう場合があります。

最初は効果などあまり気にせず、好きな香りをどんどん試してみましょう。

好みの香りを睡眠前にコットンやティッシュに染みこませて枕元に置いて置いておくだけで大きなリラックス効果を発揮します。

安眠効果のあるアロマオイルを紹介

最初は好みの香りを選んでも問題ないと言いましたが、慣れてくると効能なども気になってきますよね。

できればリラックス効果やストレス緩和効果のあるものを使いたいと思うはずです。

アロマオイルには多くの種類がありますが、その中でも安眠効果の強いものを紹介していこうと思います。

初心者でも取り入れやすいものから、中級・上級者向けのものまで幅広く紹介するのでアロマ選びの参考にしてください。

ラベンダー

睡眠効果のあるアロマの中でも一番ポピュラーでおすすめなのが「ラベンダー」です。

初心者の方でも取り入れやすく、芳香剤としても使用される香りなので多くの方が馴染みのある香りだと思います。フローラルで優雅な香りは女性の方に人気です。

ラベンダーには「酢酸リナリル」という成分が含まれていて、興奮や不安を和らげる効果が期待できます。

他にも目の疲れや肩こり改善などの効果もあるので疲れを感じている方におすすめです。

ベルガモット

ベルガモットは柑橘系のフレッシュさに甘味を足したフルーティーな香りが特徴的です。
男女問わず好まれる香りで、初心者の方でも取り入れやすいです。

他のアロマと相性もよくブレンドを楽しみたい方にもおすすめです。柑橘系の香りが気持ちをリラックスさせて快眠へと導いてくれます。

ストレス緩和効果や安眠を促す効果が期待できます。

オレンジスイート

柑橘系アロマの代表格といえるアロマです。オレンジ系を含む柑橘系のアロマにはリラックス効果はもちろん、エネルギーの循環を促す作用があります。

消化促進や冷え性改善、ストレス緩和効果もあり、心地い香りは幅広い年代の方におすすめできる香りです。

カモミールジャーマン

青リンゴのような甘酸っぱい香りが特徴です。鎮静作用があり、緊張や不安などのネガティブな感情を抑える働きがあります。

ストレス緩和効果により心地よい眠りへと導いてくれます。また女性ホルモンと似た働きがあり、月経不順の改善など女性特有のトラブルに対しても効果的です。

アロマとしてだけでなくハーブディーとしても人気です。

ゼラニウム

ローズに似た香りの中にハーブが混じったようなグリーンフローラルな香りが特徴です。特に女性に人気があるアロマです。

効果としては体と心の様々なバランスを整える働きが期待できます。

自律神経やホルモン分泌のバランスを整え、精神的ストレス緩和などの効果があります。生理前にイライラしやすい方や、むくみがひどい方におすすめです。

アロマの使い方

好みの香りが見つかったら早速就寝前にアロマテラピーをはじめましょう。

難しいことをする必要はなく、コットンやティッシュに軽く済みこませて枕元に置くだけでも効果を発揮します。

ただし、オイルはシミになりやすいのでシーツなどに原液が垂れないように気を付けてくださいね。もちろん市販されているグッズを使用しても問題ありません。

スプレータイプのものなら寝具や室内に吹きかけるだけで香りを楽しむことができます。

空間全体で香りを楽しむことができるので、リラックス効果が高まり効率的に深い眠りへと導いてくれます。

就寝前以外にもアロマを使ったリラックス方法があるので合わせて紹介しますね。特に日ごろから寝つきが悪く、ストレスを感じやすい方に試して欲しいです。

アロマディフューザーで楽しむ

アロマの楽しみ方の中でもポピュラーな方法が、専用の芳香器「アロマディフューザー」を使用することです。雑貨店などで手軽に購入できるのも魅力です。

香りだけでなく、形も色々あるので自分好みのものを見つける楽しみもあります。使い方も簡単で、空間に精油の香りを効率的に広げることができます。

人気の超音波式のほかに、拡散力に優れた空気圧縮式など様々なタイプがあります。

お風呂での使用

アロマオイルをお風呂に入れるのもおすすめです。リラックス効果はもちろん、健康のベースを整えたり美容効果が期待できます。

アロマオイルを温めることでより香りが立ち、精油の効果と同時に香りを楽しむことができます。

お風呂での使用の仕方ですが、原液を植物油や塩に溶かして入れる方法が一般的です。原液は刺激が強いので、溶かすことで緩和することができます。

またタイルに原液を垂らし、熱いシャワーをあてることでバスルーム全体に香りを広げることができます。

お風呂でリラックスすることでより心と体を休め、深い眠りへと導いてくれます。

マスクに染みこませる

香りをダイレクトに楽しみたい方にはマスクをおすすめします。マスクにアロマオイルを沁み込ませて使用することでより香りを楽しむことができます。

量の方ですが付けすぎると気分が悪くなるかもしれないので、爪楊枝などで軽くマスクの外側に付ける程度が目安です。

市販のものも多く出回っていますが、せっかくなら自分好みのアロママスクを作ってみましょう。また抗菌作用のあるアロマを使用すれば風邪予防などにも効果を発揮します。

睡眠サプリ ランキング
睡眠サプリを徹底比較!

当サイトでは、睡眠の悩みを持つ方へ人気の睡眠サプリを徹底比較してランキングを作成しています。

睡眠サプリ_調査結果

眠りが浅い、朝が辛い、寝ても疲れがとれないなど、睡眠の悩みは様々ありますが、サプリ1つでスッキリすることもあります。

気になる方は下記のページをご覧ください。

睡眠サプリランキング

関連記事

NO IMAGE

アイマスクが睡眠に良いのはなぜ?メカニズムについて

NO IMAGE

音楽で快眠できる?睡眠と音楽の関係性とは?

NO IMAGE

寝酒が良いと言われる理由は?アルコールと睡眠の関係性